お問合せお問合せはこちら

使い勝手が良すぎる雑誌付録のオリジナル化粧ポーチ!女性ウケする化粧ポーチの5つの特徴

COLUMN

2017.04.28

女性ファッション誌を中心に、ブランドムックやティーン誌など特別付録が付いている雑誌には、ついつい手が伸びてしまうという経験がないでしょうか。

注目度の高い付録は次号の発売予告と同時に予約が殺到したり、発売日と同時にどの書店でも完売、ネットでも売り切れになるほど人気になることも多いのが雑誌付録です。その人気の秘訣は雑誌1冊の値段で、実用性が高く、デザイン性も高いアイテムが手に入ることなのは言うまでもないかもしれませんね。

中でも売り切れ必至の号となるのが、女性の毎日に欠かせない化粧ポーチです。読者の声を反映し女性目線で作られた万能ポーチは特に人気。

こだわりのある女性編集者をはじめ、日々投稿される読者の声や読者モニターの声を反映したり、女性にも人気のモデルさんや女優さんなどがアイディアを出したポーチなど、使い勝手にも優れた万能ポーチであることが多いです。

今回は、雑誌付録についていて、女性ウケする使い勝手が良すぎる化粧ポーチの特徴についてご紹介します。販促用の化粧ポーチの製作をご検討されている企業の販促担当者の方は是非参考にしてみてください。

1.収納量や機能性のある化粧ポーチ

雑誌の付録に付いているポーチは、見た目の印象が良いだけでなく、サイズ感や中の収納力を重視しているものが特に人気です。快適で整理がしやすいよう工夫を凝らして毎回進化を遂げているので、色々なメイク道具が収納できるようになっていると女子ウケすることは間違いないです

特に化粧ブラシなどは仕切りのない普通のポーチに入れると中でバラバラになってしまい、使う時に探すことが面倒になりがちです。

付録に付いている化粧ポーチは真ん中で仕切られていたり、化粧ブラシがバラバラにならない固定できるブラッシュポケットや、粉飛び防止のカバーなどが付いているものが多いので、普段からメイク道具を多く持ち歩く人でも活用できます。

当社で制作した化粧ポーチ(サンプル品)の一例をご紹介

下記の写真は当社で制作した化粧ポーチのサンプル品です。

化粧ポーチ

ブラシ用の仕切りポケット付きの化粧ポーチで、ブラシの粉汚れ防止のフラップが付いており、メッシュポケットや小さいポケットを付けて小物が収納しやすくしています。

ザクザクと収納できる化粧ポーチでは定番の形状であるボックス型とブラシホルダーで2面に分けた仕様となっており、収容力は抜群です。大容量でありながらファスナーを閉じるとコンパクトな作りとなっています。外側は汚れが目立たないようにビニールコーティングが施され、内側はポリエステルでできています。

また、サイズが小さめのポーチなどはヘアクリップ等のアクセサリーを入れたり、ティッシュやハンカチなどを持ち歩くのにも最適だったりするので、一概に大きければいい!というわけではありません。サイズ選びは特に重要です。

2.化粧品だけでなく小物入れやバッグの整理にも大活躍する化粧ポーチ

様々な用途で使える化粧ポーチ

ただ、もうすでに化粧ポーチがたくさん持っているという方も多いので、そんな時はお友達へのプレゼントにしたり、前述した以外の物でも活用できるものを考えてみることをオススメします。

お洒落なデザインで使い勝手もいい雑誌付録のポーチは、発売と同時に完売してしまうほどの人気ですから、女性のお友達へのちょっとしたプレゼントにも最適です。メイク道具だけでなく、文具やソーイングセット、お菓子入れやサプリ、絆創膏や常備薬などを入れるにもちょうどいいサイズが女子ウケするポイントです。

バッグの中が持ち物でぐちゃぐちゃという方が、複数のポーチを使って荷物の整理をして活用することが多いのでちょっとした小物入れの整理としても活躍するポーチがおすすめです。

3.手入れが楽な素材を使った化粧ポーチ

化粧ポーチで実は重要なのが、使う素材だったりします。女性はお化粧をする際に、ファンデーションやシャドウなどが手についたまま化粧ポーチを触ることがあります。

そういった理由からお手入れが楽な素材も喜ばれるポイントです。

その際にオススメな素材が、ビニール素材や合皮です。ビニール素材であれば汚れを簡単に拭き取ったりできますので実は一番使いやすい素材であったりします。

4.形状はスクエアタイプが無難

化粧ポーチといえども様々な形状のものがあります。ティッシュケースタイプ、巾着タイプ、スクエアタイプ、がま口タイプ、ファスナーで蓋が取り付けられているバニティータイプなど種類は様々です。

その中でも無難なのは、スクエアタイプの化粧ポーチです。たくさんの化粧品が入っていても、取り出し口が広くてポーチの奥に入ってしまっている化粧品も探しやすくて便利です。無難なのでスクエアタイプの化粧ポーチは、もちろん持っている女性も多いものです。

収容力があって使いやすいといえば、当社のホームページのプロダクトページでも紹介している「バニティータイプ」の化粧ポーチがおすすめです。

蓋がパかッと開くので、実はスクエアタイプよりも物が探しやすかったりします。たくさんの化粧品を持っている女性にはとっても便利な形状です。

5.「花柄」の化粧ポーチは特に人気

20代、30代の女性になるとバッグなどオシャレなものを持つことが多く、「化粧ポーチはシンプルに。」という意見も多いですが、実は花柄の化粧ポーチも人気です。

4月に発売された女性誌の「&ROSY」の化粧ポーチの付録は、花柄でtwitterやSNSでも評判が良かったようです。

もしシンプルな化粧ポーチを作ろうとお考えであれば、黒一色で一凛のピンク色の花柄をアクセントにしてシックな印象の化粧ポーチなんかはオシャレな女性ウケするかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?化粧ポーチといっても、用途や年齢層によっても、欲しいサイズや形状、柄なども違ってきます。

雑誌の購読層の女性の方が、どんな化粧ポーチをいつも使っているのか、どんな化粧ポーチなら使いたいと思うのかを考えることが大切です。アクアパックでは、ホームページでは守秘義務の関係上、なかなかご紹介することはできないのですが、女性雑誌の付録で使用されている化粧ポーチのノベルティ制作も数多く作らせていただいています。

ご予算に応じて、形状や素材の選定、そしてオリジナル化粧ポーチのデザインから製作まで、トータルでご提案することもできますのでお気軽にお問い合わせください。

ご来社いただかなくても、メール等でもサンプルの製作依頼や参考となる資料をお送りします。